僕(コーイチ)が引き寄せの法則で起こした奇跡 2018年まとめ記事!
コーイチ初の著作note「引き寄せの法則スーパーサイヤ人 覚醒の書」

今日も読者の悩みをコーイチが全力で解決します!!!

みなさんこんにちわ!
引き寄せの法則スーパサイヤ人コーイチです。
さて、今日はやっとブログを書ける時間が週末で少し手にはいったので読者の方の質問に全力でこたえます。

質問はこちら↓

初めまして◡̈いつも楽しくブログ拝見しております!今回は質問があり、コメントさせて頂きました。
私は今現在就職活動中なのですが(ちょうど昨日解禁でした)、冬に行きたい企業が見つかり、入社する!と決めてからはそれまで就活に対して抱いていた不安がほぼ消え、逆に時折「引き寄せの法則は知っているものの、ここまで焦らずにいて大丈夫なのだろうか」と凄まじい不安に襲われます。
コーイチさんは、願望を設定してから結果を受け取るまでに、逆に余裕を感じてしまったことはありますでしょうか?また、この様な状態に陥った時にすべきことがあれば教えて頂きたいです🙇🏻‍♀️危機感を持ちたい、というのは変な話ですが、ここまで来ると逆に心配になってしまいます…よろしければご回答お待ちしております。

ご質問ありがとうございます!

この質問に関する僕の結論は

「余裕ができたらもっと大きな願望を設定して、そっちのことを考える!」

です。

願望も決まり、余裕を感じるのはとても素晴らしいことですね!
ただ、余裕があり過ぎて強烈な不安を感じるタイミングはあまりいい気分になれませんよね。

そういう時は願望を更に成長させればいいんです!
質問者さんの文章をみてると今は「就職すること」に願望がフォーカスされているので、そこをもう少し前進させて、

例えば

「入社して1年目から大活躍して、〇〇万円以上の年収になった!」
とか
「会社で表彰を受ける自分を想像する」
とか
「会社で運命の出会いが起きて、結婚する自分」
とか
「仕事しながら、更に副業で稼ぎまくる自分」

とかですね、入社したあとに更に活躍する自分へと願望を成長させます。
そうするとですね、入社する前から既に活躍する自分を引き寄せ始めます。

次から次へと成長する自分の願望を楽しんでください!
そうすれば、余裕ができて不安になるなんていう余裕すらなくなりますよ!

僕は今回の転職活動中から表彰式で表彰を受ける自分をイメージしていました。
なんだったら表彰を受けて、海外旅行をプレゼントされて海外いったら何を買おうかな?何着て行こうかな?と、妄想していました。

こんな感じで、余裕ができて不安になったら「引き寄せる願望を成長させてパワーを強める時間」に変えてみてください。
関連記事

コメント

Re: はじめまして。

のんさんハロー読んでいただきありがとうございます!僕が思うに1日の中で「迷惑」についてのんさんが考えている時間はどれくらいですか?
まずはマインドセットを「迷惑をかけないように生きる」→「自分も周りも楽しく生きる」に考え方を変えれますか?
僕がもしのんさんだったら「なぜ自分がこの状況を自分で望んで引き寄せてしまったのか?どんな考え方が原因なのか?」を考えます。他人は変えれませんので、どんな内容であれいったん自分が変わるようにしてみます。自分が望む状況は何か考えてみます。まずはそうしてみてください。そこがしっかりした時「引き寄せ」を信じていれば起き始めます。あれよあれよと状況が変わる不思議な体験をすると思います。いや、するからこそ僕に質問したんだと思っていますし、僕は全力で答えています。それが運命なんですね。

はじめまして。

いつもコーイチさんのブログにて楽しく拝見しています。相談なんですが、私は人に迷惑をかけるのが嫌いで真面目に生きてるつもりなんですが、そういう風にすればするほど家族の借金問題など私にも被害が被り、生きているのがつらくなる時があります。私はまじめに生きてるのに、何でこの人達の犠牲にならなきゃいけないんだろう?とか。解決したいからお金持ちになったイメージとかするんですが、お前には無理だとかエゴが騒ぎます。もう何をどうしたら正解なのかわからなくなってきました。
非公開コメント

プロフィール

コーイチ

Author:コーイチ
このブログを引き寄せてくれて本当にありがとうございます。
初めまして!引き寄せ大好きコーイチです。
ブログを書き始めたときは、事業の失敗で数億円の負債という地獄の日々から「引き寄せの法則と瞑想」を知って研究・実践して、全ての負債がなくなって自由になる奇跡が起き→無職から転職成功したコーイチの実践引き寄せ体験記です。
引き寄せの法則で僕が実際に体験して効果があったことを日々書いています。
このブログに引き寄せられた全ての方が一緒に幸せで楽しい毎日になれますように。
twitterは引き寄せの法則についての気付きを書いていますのでのぞいてみてください。

Category Bar Graph

ツイッター

プライバシーポリシー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム